記事一覧

顎関節症の治療は大阪市淀川区にある当院へ

顎関節症は顎が痛む、口が大きく開かないといった症状もあり、
思い当たる部分があるかたは、検査をすることをおすすめします。
症状が進行してしまうと、日常生活さえままならないものになります。
顎周辺に症状が出やすいですが、
歯の痛み、難聴、呼吸困難といった症状も出るようになります。

原因となるのは噛み合わせと言われていますが、
歯ぎしりや偏咀嚼といった生活習慣の中の要因の積み重ねが原因として考えられます。
また、ストレスが原因になることもあります。
精神的な緊張は、筋肉を緊張させてくいしばりを起こします。

治療をおこなう際には、
痛みを軽減させるために患部を温めたり冷やしたりする物理療法や、
顎を動かす訓練をおこない、
口がよく開くようにする運動療法などをおこなっていきます。

治療はセルフケアでおこなうので、
どうしても治療期間が長くなってしまいますが、
放置をしても改善しないケースは多々あります。

初期段階で治療をおこなうのが一番であり、
治療後には再び顎関節症にならないように生活習慣を変えないといけません。
気になるかたは一度当院にお越しください。

末広歯科医院

TAGタグ