記事一覧

インフルエンザの流行期です

寒くなってきました。
インフルエンザの流行の時期でもあります

さて インフルエンザと風邪は、どこが違うのでしょう、

インフルエンザはインフルエンザウイルスという特定の微生物の感染によっておこる病気です。
一方『風邪』(かぜ症候群)とは、ライノウイルス、コロナウイルス、RSウイルスなど種々なウイルス
などの感染によって、おこる上気道炎の総称です。
インフルエンザでも、軽い場合には『風邪』と区別つきにくいのですが、
典型的なインフルエンザは1~5日の潜伏期間の後突然に発症し、38°C以上の発熱、上気道炎、全身の倦怠感の症状が現れるのが、特徴的です。
一般にインフルエンザの症状は重く、特に小児や高齢者、基礎疾患がある場合では
重症化しやすい傾向があります。
さらに肺炎や脳症などの合併症も問題となります。

インフルエンザワクチンの接種で、重症化、重篤な合併症を予防することが、最大の手段かと思います。

末広歯科医院

TAGタグ