記事一覧

マスクの着用の重要性

新型コロナもまだまだ心配ですが、インフルエンザが流行する季節になりました。

今年は例年より早く10月頃から流行っています。

しかし、早く流行が始まったからと言って早く終息するわけではありません。

インフルエンザの感染経路は主に飛沫感染と接触感染です。

 

しっかりとマスクを着用して感染を防ぎましょう!ということでマスクについて

一般的なマスクは咳やくしゃみなどの飛沫感染対策になります。

また、マスクは内は湿度や温度が保たれる為、粘膜の乾燥を防ぎ感染の予防にもなります。

 

マスクの着用方法として間違っており注意しなければいけないポイントは

・口だけ覆って鼻を出している

・針金部分を鼻の形に合わせておらず、鼻の横に隙間がある

・ゴムが緩く、頬などに隙間がある

・着用していたマスクを顎にかけたり、洗っていない手で触れたりして、マスクの内側の衛生を保っていない

 

マスクも一時よりは手に入りやすくなっていますのでしっかりと着用し

手洗いうがいと併用して新型コロナをはじめインフルエンザなどの感染に負けないようにしましょう。

末広歯科医院

TAGタグ