記事一覧

公共の場で歯をみがくのは、
感染リスクが高い?

移らない・移さないを心がけ
きれいなお口を保ちましょう

新型コロナウイルス感染症が流行して以来、職場や学校、外出先などで歯をみがくのは感染リスクが高いのでは?と心配する方も少なくないようです。

しかし、歯みがき習慣は、お口の健康を守るためにとても良いこと。加えて、きれいなお口を保つことは、感染症予防に努めたい今こそ重要です。

不潔な口腔環境は、ウイルスが細胞内へ侵入したり体の免疫力を低下させたりする原因になるからです。
不特定多数の人が集まる場所で歯みがきをするときには、混み合う時間帯や場所を避けるのが理想的。そしてもちろん、飛沫を飛ばさない、洗面台を汚さないなどの配慮がマナーでありエチケットです。

そこで身につけたいのが「口閉じ歯みがき」。みがくときには、お口を閉じるようにしましょう。お口を閉じたままでは、みがきにくく感じる前歯の裏側は、ハブラシのかかを使ってみがくのがポイントです。「ニューノーマル時代にふさわしい歯みがきマナー」を、ぜひ実践してください。

末広歯科医院

TAGタグ