記事一覧

歯を失ってしまったら

平成の初期、「8020運動」が始まったころは80歳で20本の歯を有する国民が1割にも満たなかったのが、平成28年には5割を超えました。しかし、年齢を問わずに歯を失った場合は何らかの形で補うことが必要になってきます。

その選択肢の1つに入れ歯(部分入れ歯・総入れ歯)があります。

歯を失い入れ歯を入れずにいると認知症リスクは1.9倍、転倒リスクは2.5倍になるとの報告もあります。また、入れ歯やブリッジなどの歯科治療を受けることで、その後における体重減少などの健康状態の悪化が予防できる可能性が明らかになってきました。

末広歯科医院

TAGタグ