記事一覧

「フッ素」でむし歯に負けない強い歯を!

むし歯菌がつくる酸が歯の硬組織成分であるリン酸カルシウムの結晶を溶かしてしまうことを

「脱灰」といいます。脱灰は食事の際に口腔内が酸性になると起こりますが、

唾液の中和作用と唾液中のカルシウムによって「再石灰化」が起こるので、脱灰と再石灰化のバランスがとれていれば、むし歯は生じません。

フッ素は歯のカルシウムと結合することで脱灰を抑え、再石灰化を促進する作用があります。フッ素配合の歯みがき剤を使って、

むし歯に負けない強い歯を

     つくりましょう。

末広歯科医院

TAGタグ