記事一覧

むし歯の原因菌も全身に影響を及ぼす③

心臓病

心臓病のある人では、心臓の弁膜や内膜にむし歯菌のかたまりができることがあります。

実際、手術で摘出された心臓弁膜症の人の弁を調べたところ、半数以上にむし歯菌のDNAが検出されました。

心臓弁膜症とは、心臓にある4つの弁のいずれかが開きにくくなったり、閉じにくくなったりする病気です。心臓に負担がかかり続けるため、やがて心不全になります。

心臓弁膜症を引き起こす原因には、

加齢や動脈硬化のほかに感染症もあげられています。

また、心臓弁膜症がある人は、命の危険もある「感染性心内膜炎」が起こりやすくなることがわかっています。

末広歯科医院

TAGタグ