記事一覧

お口の問題にとどまらない歯周病

 

歯周病はお口の中だけの問題ではなく、全身にさまざまな影響があることがわかってきました。歯周ポケットから入り込んだ歯周病菌や歯周病菌がもつ毒素、歯周病によって産生された炎症性物質が歯ぐきの毛細血管に入り、血液にのって全身をめぐるためです。

歯周病と動脈硬化

歯周病によって産生された炎症性物質が血液の中に入ると血管の壁を刺激し、慢性炎症を起こします。すると血管内にアテローム(おかゆ状の沈着物)ができ、血液の通り道が狭くなり、さらに進行すると、動脈硬化が発生します。

 

末広歯科医院

TAGタグ