記事一覧

口臭について

お口の臭いは誰もが持っているものです。最大の原因は、お口の中に存在する細菌が生み出す悪臭物質で、起床時、空腹時、緊張時などは、口臭が、強くなりがちです。特に朝起きた時の口臭は、だれにでもあります。睡眠中に唾液の分泌量が減り、お口の中が乾燥して細菌数が増えるためです。唾液には、殺菌効果があるほか、細菌を飲み込みお口の中を掃除する役目があり、唾液量が減ってしまうと細菌数が増え口臭も増します。お口の中が乾燥せず、常に唾液が流れている状態が理想的です。
口腔内が乾燥しない様に 舌の運動を行い唾液を十分に出すようにすると、唾液による自浄、抗菌などの作用により口臭が起こりにくくなります。
朝起きてすぐと、寝る前のブラッシングを特に丁寧に行うこと、口臭ケアグッズの活用なども有効です。

明石市歯科医師会 参照

末広歯科医院

TAGタグ