記事一覧

歯周病は気づきにくい病気です

歯周病は成人の8割がかかっており、10代にも増えてきている細菌感染症です。歯垢の中で歯周病菌が増えて歯肉に炎症を起こし、歯の土台になっている骨を溶かしてしまい 最悪の場合、歯を失うことになります。
自覚症状が少なく、気づかぬうちに進行してしまうため 予防に努めましょう。
予防には しっかり歯垢をとるケアーが大切です。 歯と歯茎の隙間の歯周ポケットには細菌が増殖しやすく歯周病の進行とともに深くなっていきます。歯科医院でご自分の歯並びにあった磨き方をアドバイスしてもらい 毎日セルフケアーをおこないましょう。
そして年二回は 継続的に チェックを受けて歯のクリーニングを受けていただきたいです。

末広歯科医院

TAGタグ