記事一覧

転倒予防のために

高齢になると骨盤が斜めに傾き、足を前に上げづらくなります。骨盤の傾きを改善していくには、まず姿勢を良くすること。
椅子に座っているとき、坐骨を座面に立てるように座るだけでも骨盤が、立つ。こうすると腹筋や背筋が機能して姿勢も維持しやすくなるといいます。
また歩行時には、足全体で体を支えることも大切で、足の指をグーパーと閉じたり開いたりする運動も良いですね。高齢者は特に小指が浮いて歩くようで不安定になりやすいので、小指を意識してグーに握るようにしましょう。

末広歯科医院

TAGタグ