記事一覧

虫歯になる原因!ミュータンス菌

お口の中には、ミュータンス菌を、はじめとする細菌がいます。この細菌が、食べかすなどに含まれる糖分を分解して 酸 を作ります。
酸は歯を溶かしていき これがむし歯の始まりです。
歯の表面はとても硬いエナメル質で出来ていますが、内部のやわらかい象牙質まで進むと、歯がどんどん溶けてむし歯が、大きくなっていきます。
歯みがきやフロッシングをしても、食べかすや汚れは完全には取り除けません。
また、バイオフィルムという細菌の膜は、歯医者さんが、使う道具でないと取り除けません。
お口の中は、常に細菌が、酸を作りやすい環境にあります。

つまり、酸性になりやすい=むし歯ができやすいのです!

末広歯科医院

TAGタグ