記事一覧

近年目立つ『秋バテ』

暑さの厳しい屋外と、冷房の効いた室内を行き来するうち、自律神経が、乱れ疲れや食欲不振に陥る。近年は、そうした夏バテの症状を9月以降に持ち越す人が、目立つそうです。
そうした不調の多くは、体を冷やす夏の生活習慣と関係があると指摘され『秋バテ』と呼んで注目されています。
秋バテの予防や回復に特効薬はないですが、体を冷やすすぎる生活習慣を見直すことが、大切。冷房の設定温度は、高めにし、冷たい飲み物を取り過ぎない。体を動かし適度に汗をかくこと。食事面では、1日3食きっちり食べ、肉や魚、大豆製品などのタンパク質を摂ること。
食事をしっかりとらないと、体内のタンパク質が、エネルギーとして消費されていまい、だるさや疲れを感じやすくなるそうです。
皆様 あと少しの暑い期間 頑張りましょう!

神戸新聞より抜粋。

末広歯科医院

TAGタグ