記事一覧

歯を白く保つために

毎日歯を磨いているのに、歯の間が黄ばんだり表面が黒くくすんだりすることは、ありませんか?
歯の汚れの原因の一つにステインといって食べ物による着色があります。
ステインは、たばこやコーヒー、紅茶、日本茶、赤ワイン、カレーなどの色の濃い食品を摂取するたびに、その成分が歯の表面を覆う唾液由来のペリクルという薄い膜に蓄積し、色が濃くなっていきます。
毎日の生活でステインを予防するセルフケアには、次のようなものがあります。
基本は歯磨きですが、よく噛んで食べることにより唾液の分泌が増え歯の汚れのを落とす、自浄作用をしてくれます。また食後直ぐに口をすすぐ、水を飲むことも、食後直ぐの歯磨きが難しいときには、有効だと思います。
ステインをそのままにしておくと、歯垢が付きやすく虫歯や歯周病を招くこともありますので、
注意が、必要ですね。

末広歯科医院

TAGタグ