記事一覧

自分に合った素材選び

歯の治療で、最終段階は、被せ物、詰め物をつけるというところになるかと、思います。
これらは、一度つけると、劣化、破損、根っこの再治療などで作り直しが、必要にならない限り、その被せ物、詰め物を数年間使い続けることが、ほとんとです。
その素材にも、様々な種類があり 耐久性や、一番大切だと思われる見た目の美しさ、などにより違いが出るために こ自分にあった素材選びは、医師と共に充分検討されることをお勧めします。

末広歯科医院

TAGタグ