記事一覧

歯周病と全身のかかわり ①

糖尿病は、インスリンという血糖を下げるホルモンが不足したり、うまく作用しなくなることで、常に血糖値が高い状態となってしまう病気です。高い状態が続くと様々な合併症が起きやすいというリスクを抱えることになります。歯周病はそんな糖尿病の合併症の一つとみなされています。糖尿病患者様は歯周病になる可能性が高いことや、逆に歯周病の治療によって、歯茎の炎症が改善すると、インスリンが働きやすい状態になり、血糖値が改善する可能性があるということが、報告されています。

末広歯科医院

TAGタグ