記事一覧

顎関節症でお困りの方は淀川区にある当院にご連絡下さい

顎関節症が起こる原因は、噛み合わせの影響と考えられていましたが、
実際には他の原因もいくつかあげられる事で発症します。
習慣的に歯ぎしりや「くいしばる」ような事をしていると、
顎関節に負担をかけてしまう事となります。

ほかにも、偏咀嚼のように、咀嚼の際に左右どちからに偏って、
食事をしているという事も顎関節に負担をかけてしまうのです。

様々な原因が顎関節症にはあげられますが、
いずれにしても顎関節に負荷をかける生活習慣を送っていると、
引き起こされる可能性が高まってしまいます。

あごが痛んだり、口を以前より大きく開けられなくなった際には、
それは顎関節症である可能性があります。
また、アゴを動かすとカクカクといったような、
聞き慣れない音がする場合も顎関節症のケースがあります。

治療をせずに放置していると、
痛みが訪れる頻度が多くしまう事があります。
また、治療により回復出来る可能性が減っていってしまいますので、
早めの治療が大切です。

大阪市淀川区にある当院では顎関節症の治療を行なっているので、
自覚症状がある方は是非早めに当院にご連絡頂ければと思います。

末広歯科医院

TAGタグ