記事一覧

顎関節症も早期発見で

顎関節症であると思った時には、専門家に見てもらって、
判断をしてもらう方法が一番ですが、
お時間がないという方は、
鏡の前で舌を出してみてください。
舌がまっすぐではなく、
少しでもカーブしているようだと、
顎関節を支える筋肉に問題がある可能性があります。
また、口を開閉する時に痛みがあるというかたも、
顎関節症の可能性があるので、治療をするようにしてください。

顎関節症は放置してしまうと、
痛みや吐き気といった症状が出るようになるので、
日常生活を過すのが困難になってしまいます。
うつ病や自律神経失調症といった病気にも発展してしまう恐れがあるので、
しっかりと治療をするのがおすすめです。

顎関節の治療は非常に難しいものであり、
どうしても治療が長くなってしまいますが、
治療をすることによって症状が出なくなるので、
治療に前向きになってください。

末広歯科医院

TAGタグ