記事一覧

部屋の湿度を保とう

暖房器具の使用などで 部屋の湿度が下がりやすくなる冬。
乾燥は肌や髪にダメージを与えるだけでなく 風邪やインフルエンザにもかかりやすい環境を作ります。乾燥すると気道の粘膜の防御機能が低下してしまいます。
しかも、寒くて湿度40%を下回るような部屋は、インフルエンザが活動しやすい環境です。      湿度は50~60%を保ちたいところです。加湿器の利用のほか、洗濯物やぬれタオルの室内干しも効果的です。
ただ、湿度が高すぎると、結露したりカビが発生したりしやすくなるので、注意しましょう。

末広歯科医院

TAGタグ