記事一覧

心房細動について

心房細動は、心臓の拍動が乱れてしまう不整脈の一種で、心臓の働きが悪くなり心不全などのリスクが高まるほか、心臓の中にできた血の塊 (血栓)が剥がれて血管内を運ばれれば脳梗塞につながる危険がある。この心房細動は自覚症状がすくなく見つかりにくい病気です。

自覚症状は、どきどきする。胸が苦しい。階段を登るのがきつい。

息が切れる。などですが、全く症状がなく気づかないこともあるようです。

早期発見のためには、めまい、ふらつき、動悸などに気づいたら自分で脈をとってみること。

心房細動になっている場合、脈拍は強弱がばらつき、速い脈、遅い脈が、不規則に繰り返される、同時に血圧が上がることもある。脈拍が、1分間に50回未満、または、100回以上になっていたり一日の中で大きく変動したりする時は、かかりつけ医に相談してみてください。

末広歯科医院

TAGタグ