記事一覧

お口のケアはウイルス感染の水際対策

ウイルスの感染は「鼻」と「口」と「目」の粘膜から起こります。
例えばインフルエンザウイルスの場合、お口の中が不潔だと、感染リスクが高まるという研究結果が報告されています。

それはなぜか?実は、お口の中に潜む細菌が出すタンパク分解酵素が、ウイルスの粘膜細胞内への感染を促してしまうからです。
特に歯周病菌は強力なタンパク分解酵素を使って、細胞壁を次々に破壊し、ウイルスの侵入を助けてしまうので注意が必要です。
お口を清潔にし、健康に保つことは、ウイルス感染の水際対策です。うがいだけではなく、歯みがきなどによるケアを実践しましょう。
さらに、舌の表面に白っぽく付着する「舌苔」を取り除くこともおすすめです。

末広歯科医院

TAGタグ