記事一覧

日本歯科医師会からのお知らせ

国内における新型コロナウイルスの感染が確認されてから1年以上が経過しました。まだ先の見えない状況が続きますが、実行するべき対策とその効果、望まれる日常生活のあり方は明確になってきています。
歯科医療現場では、日頃からマスク、手袋、ゴーグル等の着用を徹底していることに加えて、更なる感染予防策を講じることで、これまで歯科医療を通じての感染拡大の報告が無いという結果を得ています。
その一方で、自粛下での不規則な生活によるう蝕や歯周病の発生や重症化と、それによる全身の健康状態の悪化が危惧されます。ご心配のことがあれば、遠慮無くかかりつけの歯科医師にご相談ください。
日本歯科医師会は「明るい未来はすぐそこにある」と信じて、責任を果たして参ります。

日本歯科医師会 会長 堀 憲郎

末広歯科医院

TAGタグ