記事一覧

電動ハブラシの効果的な使いかた

電動ハブラシを、使う時に気をつけていただきたいのが、ブラシの当てかたです。
電動とは言っても 自動で歯が綺麗になるのではなく、やはり歯にムラ無く当てていかなくてはせっかくのツルツル感を味わうことができません。
そこで磨き残しを防ぐために、ハブラシを端から順番に歯面に沿うように当てていきます。磨く場所を飛び飛びにしないためですね。
うまく当たるとさすがの効率の良さでプラークを除去できます。当てる歯を意識して1〜2本の歯にあてるつもりで、ゆっくりと動かしていきます。
歯間や、歯と歯ぐきの境目、そして奥歯のでこぼこなどは、汚れがたまりやすく、むし歯や歯周病などのトラブルの起きやすいところです。とくに気を配ってケアーしていってください。

末広歯科医院

TAGタグ