記事一覧

原因が、歯ではない歯痛

歯が原因ではないのに歯が痛い場合が、あります。それは、心筋梗塞の前兆であったり、帯状疱疹や三叉神経麻痺からの痛み、また顎関節症、上顎洞炎の痛みだったりするケースがあります。
その一つに非定型歯痛というものをご紹介します。
①歯に4カ月以上にわたり持続性の痛みがある。
②臨床的にもレントゲン上でも異常がない。
③強さは中等度から激痛までいろいろ。
④ジンジン、ジワジワと持続性の痛み。
⑤痛みが1歯に限られるものまたは多数歯にわたるもの。

これらは、食事には、支障がなく、鎮痛剤や歯科処置で、改善しないのが、特徴です。
原因は、不明ですが、脳の中枢の疼痛処理過程に変調をきたし、痛みを感じると推測されています。
歯が痛いと思った時には、歯に原因があることがほとんどですが、歯以外の原因で歯や顔面に痛みを感じる事もあることを、お知りおきください。

明石市歯科医師会 冊子より抜粋

末広歯科医院

TAGタグ