記事一覧

8020運動

歯の健康を守り、自分の歯でモノを食べられることは、高齢化社会を豊かに過ごすための重要な要素になります。
大人の歯は親知らずを除いて28本あります。この永久歯は自然に抜け落ちることはありません。
ほとんどが、歯周病や虫歯が原因によるものです。
こうした状況を考えて厚生労働省は80歳で平均20本以上の歯を残そうという運動を始めました。
この程度の歯が残っていれば、一生自分の歯で食べることが、出来るであろうとの想定です。目標達成のためには、根本的には、小児の段階からの虫歯予防が、大切です。

末広歯科医院

TAGタグ