記事一覧

歯と口の健康管理が大切

歯の数が減るにつれて食べ物が、食べにくくなるのは、想像できるかと思います。
例えば奥歯が、無くなると野菜などの繊維質を摂る量が減り大腸ガンのリスクが高くなります。
十分に噛むことができなくなると栄養を摂ることが、出来にくくなり全身の虚弱を招き、認知症のリスクも高くなります。奥歯が、なくなるとまた転倒のリスクも高くなります。高齢者の転倒による骨折は、寝たきりの原因の一つです。
超高齢社会の大きな課題である認知症と寝たきりは、歯と口を健康に保つことと、喪った歯を歯科治療で補うことにより予防することができるのです。

末広歯科医院

TAGタグ