記事一覧

妊娠中の歯科治療

妊娠中は歯茎が腫れたり出血しやすくなります。つわりによる歯磨き不足も原因ですが、妊娠すると女性ホルモンが増えホルモンバランスの変化により腫れやすくなります。
歯周病も感染症なので、胎盤を通して赤ちゃんに感染することもあります。重度の歯周病は早産の原因となるとも言われています。
歯石の除去などの口の中のお掃除は妊娠中でも可能なので、妊娠中であれば特に痛みがなくても一度歯科への検診を勧めます。
その他、虫歯の処置なども安定期(妊娠5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が可能です。それ以外の時期でも状態によっては可能です。
レントゲンも歯の部分を写すものですし、麻酔も局所的なものですので心配いりません。
痛みを我慢することが逆に赤ちゃんへの悪影響にもなりますので、あまり不安にならず体調と相談して来院するようにして下さい。

末広歯科医院

TAGタグ