記事一覧

咬み合わせへの影響

歯は、上下合わせて28本が、バランスよく並び、食べ物を噛んだり砕いたりしています。

初めて歯を失った時は、(他にも歯があるからと、1本ぐらいなくなっても 大丈夫)と思われるかもしれませんが、
歯は、その1本1本が、大切で、それぞれに重要な役割を司っています。
たった1本歯を失うことでお口全体の崩壊が始まりだすと考えていただいてもよいと思います。

歯を1本抜けたままの状態で長い間放置すると、歯が移動して咬み合わせにも影響し治療も難しくなり 治療期間、費用も余計にかかってきます。
他にもむし歯や歯周病、歯並びが悪い、不適合な被せ物、詰め物があるといった状態から、咬み合わせに影響がでてきます。
咬み合わせは、全身のバランスを保つために重要で、悪いと顎の筋肉に負担が、かかったり 顎の位置がずれたりします。
位置の変化は、首、肩、腰の位置のズレ、筋肉の緊張など肩こりにも影響してくるのです。

末広歯科医院

TAGタグ