記事一覧

歯の数の異常

(1)歯の数の過剰
 歯の数は乳歯で20本、永久歯では28本で第三大臼歯(親知らず)を入れると最大で32本です。しかし余分に歯が出現する場合があります。その部位は上顎中切歯の間に生える場合が多いのが特徴です。

上顎中切歯の外側、上下の大臼歯の頬側や後方に出現する場合もあります。
1.臼旁歯
上顎第二、第三大臼歯の近心頬側部に出現する過剰歯を臼旁歯といいます。
2.臼後歯
上顎第三大臼歯の遠心部に出現する過剰歯で、第四大臼歯とも呼ばれます。

(2)歯の数の不足
 第三大臼歯(親知らず)が欠如することを「歯数が不足」とは言いません。珍しいことではないからです。歯が欠如する場合、側切歯、第二小臼歯、下顎中切歯に多くみられます。この歯の欠如という現象は、歯の数の過剰と比較すると、とても多くみられます。変則のみに歯の欠如がみられる場合、両側にみられる場合、数歯におよぶ場合など多くの場合があります。

末広歯科医院

TAGタグ