記事一覧

生活習慣の改善(変容)で歯周病のリスクファクターを取り除く

.a) 喫煙 
タバコの煙の中には、タール、一酸化炭素、ニコチンをはじめとして、数多くの有害物質が含まれています。

タールはヤニとして歯に付着し、さらにその上にプラークが付着しやすくなります。一酸化炭素やニコチンは、病原菌に対する抵抗力を低下させるとともに、歯ぐきの腫れを隠したり、傷口を治りにくくするために、歯周病を重篤化させます。

よって、歯周病の治療に際しては禁煙が必要となります。

b) よくかむこと(肥満防止)
早食いは食物を沢山食べる事につながります。ゆっくりと良くかんで、唾液と食べ物とをしっかりと混ぜながら食事を楽しむことが大切です。

c) 食生活の見直し(食育)
繊維の多い野菜、ビタミンA、C、D の豊富な食べ物や野菜、果物をとり、栄養のバランスのとれた食事を心がけましょう。
d) ストレスの解消
日常生活でのストレス解消のため、ジョギング運動、アロマ療法、音楽療法などを試みたりして、リラックスすることも大切です。

末広歯科医院

TAGタグ