記事一覧

歯磨きの力のかけ方

歯磨き 力入れすぎていませんか
『歯の汚れが落ちるように、シッカリ磨こう』と思うと、歯ブラシを持つ手にも つい力が入り勝ち。

けれども、磨く力が強すぎると ‘オーバーブラッシング’となり歯の健康を守るうえでは逆効果 

歯ぐきが縮んで後退する‘歯ぐき下がり’の原因にもなるのです

歯ぐき下がりは加齢に伴って増える傾向にあり、

30代から増え始め、40代では実に 8割の人に見られます。    歯ぐき下がり、歯の根元の象牙質がむき出しになると、根元むし歯のリスクも増大していきます。
歯磨きの適切な力加減は150~200g程度。
歯にあてたブラシの毛先が開かないぐらいの軽い力です。
毛先がきちんと歯面に当たれば プラークを効果的に落とすことにもつながります。

末広歯科医院

TAGタグ