記事一覧

歯ぎしりについて

今回は歯ぎしりについて お話いたします

歯ぎしりの一番の原因はストレスだといわれています。不満があったりイライラするとき、人はそれを発散するため、主に、睡眠中に歯ぎしりをしています。普段意識して奥歯を噛みしめるときの力が、ほぼ体重と同じくらいであるのに対し、歯ぎしりをしているときの噛む力は、体重の約2倍といわれています。

歯ぎしりをそのままにしておくと…
歯が削れ磨り減ってしまったり、噛み合わせが悪くなり、顎の関節症状(顎関節症)になります。

朝起きたとき、顎の関節が痛いとか、頻繁に肩こり・頭痛がある場合には歯ぎしりをしている可能性があります。

歯ぎしりを防止するためには、まずストレスの原因をなくすことが大切です。また就寝時にマウスピースを装着することで、歯ぎしりが緩和されます。
歯ぎしりが原因で歯が折れたり、割れたりすることもあるので、寝るときにマウスピースを装着するだけで、大切な歯を守ることができます。
歯ぎしり防止用のマウスピースは保険適用にて作成できますので、お気軽にご相談ください。

末広歯科医院

TAGタグ