記事一覧

むし歯の原因菌も全身に影響を及ぼします①

むし歯菌は血液中に入り全身をめぐる

むし歯を引き起こすのは、ミュータンス菌という細菌(むし歯菌)です。

お口の中の細菌は、抜歯などの出血をともなう歯科治療や歯みがきなどによって血液中に入り込むことが知られています。そして、むし歯菌も体中をめぐって

全身に影響を及ぼすことがわかってきました。

近年、特に関連が明らかになってきているのが、脳と心臓です。

これはむし歯菌も歯周病菌のように、脳卒中(脑血管疾患)

狭心症・心筋梗塞(冠動脈疾患)などを引き起こす動脈硬化の発生に関係しているからと考えられています。

末広歯科医院

TAGタグ