記事一覧

誤嚥性肺炎の予防が大切

ものを飲み込む 嚥下機能が衰えておこるこの肺炎は、健康長寿にとって予防が重要だと思います。
高齢になると嚥下機能の低下と細菌に対する抵抗力がおちてくることが影響しているようです。
誤嚥性肺炎は口の中や食物、胃液などに存在する細菌が空気の通り道である気動へ誤って入ることでおきます。
予防には、お口のケアも大切で唾液の減少や入れ歯の影響で細菌が口腔内で繁殖しやすいためです。歯磨きをしつかりすることは、もちろん 入れ歯も清潔に保つこと きれいにお掃除してあげて下さい。 口からしっかりと食べ物をとることをし
嚥下機能を高め 噛む刺激も高めて脳の機能を向上させるのも、良きことです。

末広歯科医院

TAGタグ