記事一覧

口腔ケアーと認知症

最近の研究記事から、興味深いものを見つけました。高齢者のお口の中に残っている歯の数と認知機能との関連についてでした。
残った歯の数が、多いほど認知症になりにくく、リスクが、低くなると立証されたそうです。
口腔から噛むという刺激が、いかに脳中枢に影響をあたえているかは、想像に難くない。
歯周病原因菌が、認知機能を低下させるリスクが高いという、これは、歯周病を予防することにより、認知機能を保持することが、出来ることを教えてくれています。
また、認知症後に歯周病を治療すれは、病気の進行を抑制することも、期待できます。
健全歯の保存も歯周病の予防に努めることによって、認知症の発症を予防する助けとなることは、間違いありません。

中原 泉 先生の巻頭言 参照

末広歯科医院

TAGタグ