記事一覧

脳を活性化する色

色は視覚から脳に刺激を与えるもので、人の心にいろいろな働きかけをすることが、わかっています。たとえば、〈緑〉の癒しこうかは、よく知られています。色には、それぞれ役割があり上手に活用することで人の行動や心理に影響を与えることも可能だと考えられています。
例に挙げるなら寒色と暖色の違い
赤やオレンジ、黄色などの暖色は、交感神経を青や紫などの寒色は、副交感神経を、活発にさせることが、わかっています。
暖色は、動的な心の状態、寒色は、静的な心の状態と結びつくことが多いとされます。
物事にエネルギッシュに取り組みたい時には赤
、冷静な判断力を高めたい時には、青を基調とした服装、持ち物、あるいは部屋の基礎カラーでコントロールすると良いといわれる所以です。
松風 参照

末広歯科医院

TAGタグ