記事一覧

歯周病菌が、全身に及ぼす影響

最近の研究では、35歳以上の約8割がかかっているという歯周病。

重度で、また歯の本数が少なくなっても入れ歯を入れずに生活している人ほど、認知症の発症リスクが高い。歯周病菌が作る毒素によって血液中に入って全身に悪影響を及ぼすと言われています。

歯周病予防は、高齢者の死因の上位である誤嚥性肺炎の予防にも、つながります。症状が無い場合でも お口の健康に関心を持っていただいて 定期的な歯科医院でのチェック、ブラッシング指導による口腔内を清潔に保つというだけでも 健康寿命の延伸が、大いに期待できるところであります。

末広歯科医院

TAGタグ