記事一覧

健康くだもの パートⅡ

びわ

果実はビタミンA(カロテン)に、抗がん作用があり皮膚粘膜を丈夫にします。

またその葉のサポニン、タンニン、ビタミンB1の煎汁は、健胃、整腸、去痰、暑気払い効果があり、お茶にして飲むと鎮咳、抗がん作用がある。

また食用部分が比較的少なく、種子は枇杷仁といい葉と同様の薬効がある。

乾燥した葉は、入浴剤として使用できます。

末広歯科医院

TAGタグ