記事一覧

歯周病と全身のさまざまな病気 ①

歯とお口のケアで病気のリスクを下げる
歯周病の怖さは、歯を失うだけではありません。歯周病と全身の病気とのかかわりを理解して、歯とお口のケアに努めましょう。

糖尿病
歯周病の進行により産生する炎症性物質が血液に入るとインスリンの働きを低下させるため、血糖値が下がりにくくなります。

心臓病
歯周病が引き起こす動脈硬化により、心臓に血液を送る血管が狭くなったり(狭心症)、詰まったりします(心筋梗塞)。
また、心臓の内膜に歯周病菌がつくと、心内膜炎を引き起こし、命にかかわることもあります。

骨粗しょう症
骨密度が低くなり、骨がもろくなる病気。歯周病によって産生される炎症性物質が全身の骨の代謝に悪影響を及ぼすためと考えられています。

肥満
歯周病が進んでいる人はメタボリックシンドロームの発症が1.6倍高まることが報告されています。

※メタボリックシンドロームとは、内蔵脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常などの動脈硬化の危険因子が2つ以上重なった状態をいいます。

末広歯科医院

TAGタグ